【ストウブdeごはん】新玉ねぎのポタージュ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、アトリです!

1ヶ月ぶりにですね・・・笑

今回は、今が旬の新玉ねぎを使ったレシピです。

新玉ねぎ、あまくてみずみずしくておいしいですよね。

私もこの時期、新玉ねぎをよく使って料理をしています。

あまくてみずみずしい新玉ねぎを使ったポタージュのレシピを紹介します。

アトリ

この記事ではこんな人にオススメ】
・ストウブを使ったレシピを知りたい
・ストウブを使った料理をしたい
・簡単なレシピを知りたい
・今日の夕飯のメニューに悩んでいる
・夕飯を作るのが面倒
・おつまみのレシピを知りたい

目次

今回使うストウブ

今日使うストウブはこちら。

“ピコ・ココット ラウンド”の18cmです。

ピコ・ココット ラウンドは丸いストウブです。

ピコ・ココット ラウンドの18cmは、1〜2人前の分量を作るのに最適な大きさです。

【ストウブ】新玉ねぎのポタージュの作り方

【材料】新玉ねぎのポタージュ

  • 玉ねぎ(中)・・・3個
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 牛乳(あるいは豆乳)・・・150ml
  • ブラックペッパー・・・お好みの量

豆乳を使えば、ヴィーガン、乳製品アレルギー対応のレシピになります。

豆乳の大豆の味が苦手な方は、大豆固形成分9%以下のものを使うのがオススメ。

10%以上の豆乳は豆腐を作れるほど濃いため、その分大豆の味がきつくなっています。

そのため、大豆固形成分9%以下のものだと、サラッと飲みやすくなります。

アトリ

私は豆乳が好きではないのですが、大豆固形成分9%以下のものは飲めます♪

【作り方】新玉ねぎのポタージュ

STEP
玉ねぎを半分に切り、繊維を断ち切りように切ります。

玉ねぎの繊維を断ち切ることで、細胞が壊れ、やわらかな食感に。

辛味成分が出てしまうので、タマネギ本来のうまみや甘みを感じやすくなります。

STEP
ストウブ油を入れ、切った玉ねぎ、塩、ブラックペッパーを入れて、軽く混ぜます。

ここで塩は必ずいれてください

浸透圧の効果で玉ねぎの水分を引き出すためです。

STEP
ふたをして”中火”で、隙間から蒸気がでるまで加熱します。
STEP
蒸気が出てきたら、ふたを開け、玉ねぎを混ぜます。

ふたの水分は鍋に戻すようにしてください。

理由は、ふたについている水分は、玉ねぎの旨味が詰まったスープであるためです。

そのため、無駄にせず美味しくいただけるよう、鍋に戻し入れます。

ここで玉ねぎを混ぜるのは、焦付き防止のためです。

STEP
STEP4の時点で玉ねぎがクタクタになっている場合には、火を消します。
まだ玉ねぎが煮えていない場合には、再度ふたをして”弱火”で5分加熱します。
STEP
ポタージュにするために、粗熱を取ったあとに玉ねぎをペーストにします。

ブレンダー、または、ミキサー、フードプロセッサーがあれば、それを使ってペーストにしてください。

粗熱を取らずに、ミキサーやフードプロセッサーは使用しないでください。

食材が熱いまま攪拌(かくはん)してしまうと、

中身がボンッ!と勢いよく噴き上がって蓋を押し上げやすく、事故につながります

もし、ブレンダー、または、ミキサー、フードプロセッサーがない場合には、

泡立て器で潰し混ぜることで、ペーストに近い状態にすることができます

(※完全なペーストにするのは難しいです・・・)

STEP
ペーストにできたら牛乳(あるいは豆乳)を入れ、沸騰する前まで加熱します。

必ず沸騰する前に加熱をやめてください。

理由は、牛乳や豆乳は加熱しすぎると分離してしまう可能性があるためです。

分離してしまっても味には影響はありませんが、舌触りが悪くなります。

STEP
加熱が完了したら、完成です!

さいごに

今回は、新玉ねぎのポタージュの作り方を紹介しました。

ぜひ試してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる